FC2ブログ
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
怪談を楽しもう、集めよう、広げよう! 枚方で怪談を盛り上げよう! 枚方を怪談で盛り上げよう!
 7月例会レポート 二胡の調べに乗せて怪談・スペシャルゲスト~城谷歩さん~
7月15日(日)14:00~17:00、枚方市立牧野生涯学習市民センター第1集会室で、ひらかた怪談サークル(以下、ひら怪)7月の月例会を開催した。この日の枚方市は36℃を越える猛暑日だったが、遠路足を運んでくださったスペシャルゲストである怪談師「城谷歩さん」そしてサプライズゲストの「雲黒斎さん」をはじめ多くの方にお集まりいただき予想を越える総勢43名の大盛況の月例会となった。
7月の企画題名は「二胡のしらべにのせて、怪談」。
二胡というのは、2本の弦を間に挟んだ弓で弾く中国の伝統的擦弦楽器で、女性の歌声のような哀愁を帯びた美しい音色を特徴としている。
今回の企画は、ひら怪メンバーの中に二胡歴10年、手持ち曲100曲以上という才女が在籍していることから思いついた実験的企画だ。二胡と怪談のコラボ。両者はどれほど融合するものか。彼女の弾く二胡に合わせて怪談や朗読を披露し合った。いや、怪談内容にマッチする事前準備またはアドリブの曲をバックミュージックとして彼女が演奏したと言ったほうが適切か。
二胡
前半の二時間弱は、二胡演奏付きの怪談語り会。
今回披露してもらった怪談は、二胡の調べに合うようにできるだけ「泣かせる、心温まる、切ない、中国っぽい」内容のものとしてもらった。
全部で12話(「お品書き」は後述)、お二人のゲスト、非メンバーの方にも語っていただいた。語り調、内容にもよるだろうが、切な系、中国系の怪談には確かに二胡がよく合う。
二胡のバック演奏が入ることにより、雰囲気が何倍にも醸し出される。特に中国関連の話では「書画」「三国志」など中国を表す言葉を含んだ語りと二胡の音色が共鳴して中国の悠久世界を彷彿させていた。切な系の話も二胡が入ると哀愁を倍増させる効果が感じられた。
後半は、ゲストの城谷歩さんのトークとご自身の実体験談「百物語」の語り。
小学校3年生のときの不思議体験に土壌があるという城谷さん。怪談師となったきっかけは「小遣い稼ぎ」というが、怪談を語るときは「私本人が語っているのではない。体験者の念、亡くなった人の念(御霊、ドラマ)が、私の躰を媒体として伝えている。イタコのようなものだ」という。
そして「見えない力により動かされている。一期一会、一瞬のつながりを大事にしている」という。味わいのある話だった。
城谷さん
最後に、個人的に今回一番良かったのは雲黒斎さんの「原宿竹下通りの異次元空間」の話。ノスタルジックな不思議系のこの手の話、大好きです。  (文責 笠原修)

*お品書き
「和歌山の口寄せ」「若くして亡くなった従姉妹の話」「書道にまつわる話」「福知山線脱線事故」「高砂市次郎助町(遊郭)の話」「仙人に寿命を延ばしてもらった中国怪談」「眼鏡橋」「タカシ兄ちゃんにまつわる話」「初めて東京出張したとき体験した不思議な話」「原宿竹下通りの異次元空間」「赤い糸」「会いたかったよ」

全員集合
 *  分類 : 会合レポ
自動通知機能 : -  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2018年07月25日(Wed) 22時57分
 「怪談くらわん会2」レポート
平成30年7月豪雨による大きな被害にあわれた皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
一日も早く復興されるよう心からお祈りいたします。

先日参加してまいりました「まきの文化祭」も大好評のうちに無事終了いたしました!
レポートをお届けいたします。

616b


6月16日に牧野生涯学習センターでの第27回まきの文化祭にて、今年もやって参りましたと『怪談くらわん会2』
メンバーで設営準備をしていると、なんと時間前には数人のお客様がお見えになり、開始を今か今かと待ちわびられてるではありませんか。
その怪談愛に当方にも気合が入ります。

616c.jpg

616a.jpg


いざ開幕。
司会から怪談会開始の狼煙があげられると、さっそく一番槍と言わんばかりに手が挙がり一話目の怪談が炸裂。
すると、我も我もと続く様に挙手、挙手、挙手という怪談のファランクス状態。
その盛り上がりに当方も意気軒昂、それ続けとひら怪メンバーも怪談を披露し、あれよあれよと一部は終了。

616d.jpg


二部からは地元情報サイト『枚方つーしん(ひらつー)』の方から御二人が取材に来られまして、なんと怪談会にも飛び入り参加!
切なくも良い話と、笑えるもビターな思い出話をして下さり大いに盛り上がりました。
『ひらつー』のお二人は二部までの御参加でしたが、機会あらば取材関係無しでも遊びに来て欲しく思います。
(ひらつーさんの「怪談くらわん会2」についての記事は→http://www.hira2.jp/event/kaidan-20180616.html
あと親子連れ様も来られおり、聞くとお子様が怪談大好きだとか。
そんなこんなの第二部は小さなお友達も交え、あっという間に終了。

616e.jpg


三部からは怪談慣れされた方々の怒涛のラッシュ。
そして盛況のまま3時間に及ぶ『怪談くらわん会2』無事終了。
皆さま次回も是非宜しくお願いします。

語られた怪談お品書き

・BGM付き金縛り
・襖から目が覗く
・医者に化けた狐
・本棚から覗かれる
・和菓子屋の神様
・海外の金縛りと祝詞
・お婆さんからの感謝
・両親の痴話喧嘩
・エレベーターの声
・辿り着けない場所
・石清水八幡宮の異空間
・亡き友人からの恩返し
・神社に行くと必ず晴れる
・四条畷の駐在所
・二ツ岩神社
・仏壇のある結婚式場
・幽霊が見え過ぎる
・藁簑被った老人
・幽霊を否定する人
・牛の話
・玄関を叩く
・団地の連続怪異
・塞がれたドアポスト
・姉から謎の電話
・赤いペンキ

次回例会は7月15日(日)です。
関西には滅多に来られないあの方!をゲストにお迎えし、二胡のしらべにのせて怪談を楽しみましょう!
【「二胡のしらべにのせて、怪談」(7月月例会)】
日時:2018年7月15日(日)14:00~17:00
会場:枚方市立牧野生涯学習市民センター第1集会室
    (京阪本線牧野駅より東へ300m)
     http://hirakata-sg.jp/makino
※ご予約は不要です。
 *  分類 : 未分類
自動通知機能 : -  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2018年07月13日(Fri) 06時38分
プロフィール

ひらかた怪談サークル

Author:ひらかた怪談サークル
 ひらかた怪談サークルでは、常時メンバーを募集しています。
 一緒に怪談を楽しみましょう。

怪談を楽しもう、集めよう、広げよう!
枚方で怪談を盛り上げよう、枚方を怪談で盛り上げよう!
枚方の怪談を百話集めて冊子を作ろう!

☆怪談好き・おばけ好きなら誰でも参加できるサークルです。(枚方市内、市外を問いません)
☆基本、毎月第3日曜日に、枚方市内の生涯学習市民センターで例会を開いています。
    毎回来られなくてもOK。マイペースでご参加ください。途中入退室、飲食自由。
☆全員ペンネームで参加(本名も可)。住所や電話番号等不要。オフ会のような参加形態です。
    月例会等のお知らせはツイッターやブログ、Facebookを御覧ください。
    メールでの連絡をご希望の方はhirakata_kwaidan@yahoo.co.jpへお知らせください。
☆年会費2,000円   

見学大歓迎(無料)!!一度遊びに来てください。お待ちしています!

Mail: hirakata_kwaidan@yahoo.co.jp
Twitter:‏@KwaidanHirakata
Facebook: ひらかた怪談サークル
      Blog: http://hirakatakwaidan.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム