いよいよ来週開催!東雅夫×田辺青蛙対談ライブ「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」

20161113.png

いよいよ来週に迫りました、東雅夫×田辺青蛙対談ライブ「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」!
お申し込みはまだ間に合いますよ~!

当日のイベントについて少しだけご紹介いたします!

第一部 「怪を『読む』」
まずは朗読により「800字怪談」を耳から体験いただきます。
「てのひら怪談」シリーズ・昨年の「大阪てのひら怪談」受賞作を4作品をお楽しみください。
「原稿用紙1枚(400字)を約1分間で読む」というスピードが一番内容が伝わりやすいと言われています。
800字怪談は約2分間。
短い字数をどう表現しているのか、実際に聞いていただくことで800字のイメージを掴んでいただけるのではないでしょうか。
朗読は地元枚方市の朗読劇団「言葉座(ことわざ)」斎藤誠さん・山口順子さん、朗読グループ「さつき」石原紀子さん・船瀬孝子さんにご協力いただくことになりました!
朗読劇団「言葉座」さんは地元枚方で長く朗読活動をされおり、過去には東日本大震災や環境危機をテーマにした公演をされたことも。
朗読グループ「さつき」さんは枚方市主催の朗読講習会受講生で結成され、「楽しい朗読」を目指して活動されています。
そして怪談業界屈指の美ボイス、文芸評論家・アンソロジストの東雅夫さんによる文豪怪談の朗読を堪能いただけます!
何を読まれるのかは当日のお楽しみ!

第二部「怪を『書く』『語る』」
いよいよ文芸評論家でアンソロジスト東雅夫さんとホラー作家田辺青蛙さんの対談ライブです!
テーマは「800字怪談の世界と魅力」について。
「てのひら怪談」と呼ばれる上限800字で書かれた小さな怪談について、その成り立ちや魅力を存分に語り尽くしていただきましょう!
東雅夫さんは怪談専門誌「幽」の編集顧問をされており、アンソロジー編集・怪談文学の研究だけでなく、講演・朗読と精力的に活動されています。
田辺青蛙さんは2008年第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞され、現在開催されている掌編怪談コンテスト「大阪てのひら怪談」を主催されています。
どんなトークになるのか、本当に楽しみです。
800字のてのひら怪談に限らず、作品をまとめるためのポイントや表現のコツ、ネタの選び方などのヒントがもらえそうですね。
ブログやスピーチ原稿、プレゼントーク術の参考にもなると思います!
他では話せない、現在開催中の「大阪てのひら怪談」についての裏話も聞けそうです。

大阪以外の方から「大阪にまつわる怪談もぜひ聞きたい」というご意見を多数いただきました。、
田辺さんが大阪にまつわる怪談をしてくださるのでご期待ください!
また会場に来られたお客様のなかで希望される方がいらっしゃればご披露いただければと思います。
ただし今回のテーマは「800字怪談」ですので、約2分間内での怪談に限定させていただきます!
そしてシークレットゲストが登場するとかしないとか…。

「びっくり箱」のように盛りだくさんのイベントになりそうです。
ご予約はまだ間に合います!!
みなさんのお越しをお待ちしております!!

東雅夫×田辺青蛙対談ライブ 「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」
【日時】 2016年11月13日(日)14:00~16:00
【場所】 枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター 視聴覚室
     (枚方市岡東町12-3-508 サンプラザ3号館5階)
【最寄駅】 京阪本線「枚方市駅」 東改札口すぐ(特急が停まります!)
       京阪バス「枚方市駅北口」「枚方市駅南口」バス停より徒歩3分
        ※駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください
【料金】一般2000円 枚方市民半額(要証明) 高校生以下無料
【予約方法】 ①お名前(代表者名) ②参加人数 ③連絡先(メアド等)を記載の上、
      下記までお申し込みください。
            hirakata_kwaidan@yahoo.co.jp

東雅夫×田辺青蛙対談ライブ「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」質問について

20161113.png

11/13(日)の「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」について何件かご質問いただきましたのでご紹介いたします。

●高校生以下の予約は必要?
高校生以下の方は無料ですが、席数の関係もありますので予約をお願いしています。

●枚方市民の証明書は?
各種免許証・健康保険証・個人番号カード・パスポート等住所が確認できる書類であればOKです。
当日受付にてご提示をお願いいたします。

●一人参加でも大丈夫?
お一人で参加される方も多いので大歓迎です。
会場で怪談友達ができるかもしれません。

●年齢制限はありますか?
ありません!

●イベント内容をもう少し詳しく知りたい
当日は朗読サークル様の怪談の朗読もあり(なんと東さんもしていただけることに!)、
対談では「800字という短さで表現するコツや楽しさ」をお話いただく予定です。
時間が許せば東さん・田辺さんに直接質問することもできます。
怪談を「聞く」楽しみ、「書く」楽しさ、「語る」嬉しさを実感していただけるでしょう!

●物販はありますか?
ありません。
駅前には大きな本屋さんがありますので、帰りに紹介された本を探してみてはいかがでしょうか。

皆様のご予約をお待ちしております!!

東雅夫×田辺青蛙対談ライブ 「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」
【日時】 2016年11月13日(日)14:00~16:00
【場所】 枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター 視聴覚室
     (枚方市岡東町12-3-508 サンプラザ3号館5階)
【最寄駅】 京阪本線「枚方市駅」 東改札口すぐ(特急が停まります!)
       京阪バス「枚方市駅北口」「枚方市駅南口」バス停より徒歩3分
        ※駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください
【料金】一般2000円 枚方市民半額(要証明) 高校生以下無料
【予約方法】 ①お名前(代表者名) ②参加人数 ③連絡先(メアド等)を記載の上、
      下記までお申し込みください。
            hirakata_kwaidan@yahoo.co.jp

「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」 予約開始!

20161113.png

お待たせいたしました!
文芸評論家・アンソロジストで怪談雑誌「幽」の編集顧問東雅夫さんとホラー作家の田辺青蛙さんの対談ライブについて詳細をお伝えいたします!
当日は怪談の朗読もあり、質疑応答もある予定です
そもそもてのひら怪談とは何か?
その難しさと楽しさとは何なのか?
第一回大阪てのひら怪談の選考裏話などもきっとお話いただけるはず!!
怪談好きもそうでない方も、枚方でお待ちしております!!

「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」
 【日時】 2016年11月13日(日)14:00~16:00
 【場所】 枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター 視聴覚室
      (枚方市岡東町12-3-508 サンプラザ3号館5階)
 【最寄駅】 京阪本線「枚方市駅」 東改札口すぐ(特急が停まります!)
        京阪バス「枚方市駅北口」「枚方市駅南口」バス停より徒歩3分
         ※駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください
 【料金】一般2000円 枚方市民半額(要証明) 高校生以下無料
 【予約方法】 ①お名前(代表者名) ②参加人数 ③連絡先(メアド等)を記載の上、下記までお申し込みください。
             hirakata_kwaidan@yahoo.co.jp
         ※申し込み多数の場合はご予約を受付できない場合がございますことをご了承ください

「800字怪談の魅力」~第2回「大阪てのひら怪談」開催に向けて~

20161016.png

いよいよひら怪例会も今週末となりました!
今週はホラー作家の田辺青蛙さんにお越しいただき、
800字という短い文章のなかで語る怪談の魅力について語っていただけます。
前回の大阪てのひら怪談の応募作について感じたことも時間の許す限りお話いただけます。
「質問もバンバン引き受けます!」とのことですので、
応募予定の方もまだちょっと迷っていらっしゃる方も何かヒントがもらえるかもしれませんね!

  【日時】2016年10月16日(日)13:00~14:00
        (トーク終了後、15:00まではひら怪例会となります)
  【場所】枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター 和室
        (枚方市岡東町12-3-508 サンプラザ3号館5階)
  【最寄駅】京阪本線「枚方市駅」 東改札口すぐ(特急が停まります!)
        京阪バス「枚方市駅北口」「枚方市駅南口」バス停より徒歩3分
         ※駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください
  【連絡先】ひらかた怪談サークル(hirakata_kwaidan@yahoo.co.jp)
       ※参加希望の方は上記までメールにてご連絡ください

11/13(日)の対談会「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」についての予約ですが、
10/17(月)より受付を開始いたします!
詳細については10/16(日)夜にお知らせいたしますのでしばらくお待ちください。
なお10/16(日)の例会のご参加された方には当日会場にて先行予約が可能です。
メンバーにお声がけください。

■第二回「大阪てのひら怪談」募集スタート■
9/30~第二回大阪てのひら怪談募集が始まりました。
大阪に関わりがあって怖くて面白ければなんでもOKです!
「てのひら怪談」装丁でお馴染みの山下昇平さんができる限り応募作品にはイラストを付けてくれます!
応募方法や詳細は↓↓↓
http://osakakwaidan.hatenablog.com/entry/2016/09/29/152723

「夜の神社で怪談会」レポート

20160910.jpg

去る9月10日(日)、枚方の意賀美神社にて「夜の神社で怪談会」を開催しました。
延べ30人ほどの多国籍な方々(関西外大の方と一緒に来てくださっていたよう)が参加してくださり、飛び入りスピーカーも次々ご登壇くださって、とても怖楽しい会となりました。

当日は境内で音楽イベント「エ~音(ネ)! くらわんか」が開催されていました。
朝11時にスタッフ全員でお祓いを受け、12時からイベントがスタート。ステージには個性豊かなバンドが次々登場。テントでは和菓子、たこせん、多国籍スイーツ、フルーツ、お茶などが販売され、いつもお客様でいっぱい。手作りアクセサリーや石鹸、染め物Tシャツなどの物販も人気を集めていました。

中でも子供たちに大人気だったのが、4時から開催されたお化け屋敷!
会場の参集殿の入り口が、子供たちの靴で埋め尽くされる大好評。廊下に響き渡る悲鳴と鳴き声にそそられ、ひら怪メンバーたちも行って「怖かった~(TT)」「よう考えられてるわ~ (((;'Д' ))) 」と恐怖に打ち震えて帰ってきました。

201609103.jpg

6時からいよいよ怪談会がスタート。窓の外は夕闇の鎮守の森、暗い部屋の中で青行灯が話者を照らす……。雰囲気抜群の会場に、小学生から人生のベテラン、親子連れにカップルと、多彩な顔ぶれのお客様がご参加くださいました。

間に各十分の休憩を挟み、第一部、第二部、第三部と進行。徐々に場が温まり……もとい、冷え冷えとしてくると、「僕も語りたい」「私も怖い話がある」と飛び入りスピーカーが次々登場。体験談をご披露くださいました。これが超怖かった!! あるんや、そんなこと……と鳥肌がぞわぞわ。

中でも小4の男の子が「僕も話したい!! でも七時で帰らないといけない」といってくれたので、私が代弁させてもらうことに(責任重大)。「友達の友達の家で起きた怪異」を聞かせてもらい、ご本人が退出した第2部で代わりにご紹介しました。男の子の気持ちにみんなが感激、あの夜一番の大きな拍手を受けました。
「お披露目会」の小5の勇者といい今回といい、子供さんが語ってくれるのは本当に嬉しいことです!

3時間で全17話が語られ、うち7話が飛び入りスピーカーによるお話でした。素晴らしい!! 人の体験談を聞いていると、自分も話したくなるのが人の常ですよね。

話者のお一人が、
「こんなことを話しても、変な奴やと笑われるのがオチやから、今まで誰にもいわんかった。でもここでなら聞いてもらえる、わかってもらえると思った」
とおっしゃったのが印象的でした。うんうん、わかります、そのキモチ。怪談好きの誰もが、その悔しい思いを経験しているのです。
そういう方が、まだまだたくさんいらっしゃると思います。「ひら怪」の活動を多くの人に知ってもらって、繋がっていけるといいですね。
これからもみんなで楽しみながら、人知れず埋もれている怪談を掘り起こしていきましょう!

最後になりましたが、イベントに誘ってくださった「エ~音! くらわんか」開催実行委員長小川様、快く部屋を貸してくださった意賀美神社宮司正田様に心より御礼申し上げます。
ご参加くださった皆様、告知拡散にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

怒涛の夏が終わりましたね……。
さて、次は何しましょ?

      (三輪筆)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる