「ひら怪×怪談社」レポート その2

1月21日(日)枚方公園青少年センターにて開催しました、新年第1弾の企画「ひら怪×怪談社」レポートその2です!
お楽しみください!

第2部1

第2部は「怪談社」の怪談語りからスタート。
上間さんによる朗々とした語りが始まると、その迫力に会場が一瞬で凍りつきます。
「勤め先のスナックで、ママから開店業務を代わって欲しいといわれ……」
ひええ、怖い~! と思う間もなく、糸柳さんの語りが始まります。
「授業の合間合間に怖い話をブチ込んでくる先生がいて……(Kさんの話)」
笑ってしまうんだけど、そこはかとなく怖いという、絶妙のストーリーテリング。
そこに畳み掛けるように再び上間さん。
「ある女性が実家で飼っていた猫『モモちゃん』。ある日家族が名前を呼ぶと……」
ぎゃああ怖い、でも気持ちいい、もっとずっと二人の話を聞いていたい! という会場の空気を痛いほど感じつつも三輪チサが乱入。トークへと移ります。

第2部4

――怪談を怖く語るには?
【糸柳】●野菜を食べること!(パプリカがオススメ)これが第1。あと運動と掃除も。ラーメンばっかり食べていると、「俺の話、めっちゃ怖いやん」と独りよがりになりがち。
●人の話を「上手い」「下手」「あの人好き」「嫌い」で分けて聞かない。「まず聞く」心が大事。
●本番と同じくらいの大きさで、実際に声を出して練習すること。
●人の体験談を語ること。自分の体験談でも「人の体験談として」語ったほうが怖くなる。(自分の体験談だから説得力があるハズ、俺が目立ちたい、という落とし穴にハマらない)
●擬音はやめたほうがいい。上手に使うにはかなりの技術が必要。同じ言葉の連呼も避けよう。
●不要な情報をそぎ落としていく。話に3人以上出さない。名前のついた人は2人まで。
情報の欠如があるくらいがいい。
●話の長さは3~5分程度。10分は長い(そんなに聞き手を引き付けておけない)。
●「自分」というものをどれだけ捨て切れるか、「話」を主役にできるか。
●言葉を吟味する。「この言葉は使わないようにしよう」リストを作るのもいい。
「『風もないのに』カーテンが揺れ…」のような定型の言葉を安易に使わない。
 
――怪談を語ってきてよかったと思うことは?
【糸柳】まぁ、いろんな人に会えたというのはあるけど……。
【上間】特にないですね。

――取材のコツは?
【糸柳】「怖い話ないですか?」と聞くと、自分の体験談を尋ねられていると思われ「ないなぁ」で終わってしまう。まずこちらから短い怖い話をしてみる。
「~の伝承について調べています。詳しい方をご存じないですか?」と尋ねると、応じてもらえることが多い。そこから話を拡げていく。
関係ない話を長々聞かされても、話が面白くなくても怒らずちゃんと聞く。

上間さんは1つの話を1日7~9時間練習することもあるのだそう。
「糸柳さんはそれを横でずーっと聞いてるんですから、すごいですよね」と爽やかに笑う上間さん。お二人のたゆまぬ努力と研鑽が、あの語りを作っているのですね。恐れ入りました。

第2部3


今回お聞きした話は、怪談を語る人に限らず、すべての人にとってコミュニケーションの基本となる内容だったと思います。日々の様々なシーンで心がけていきたいですね。

怪談社からは、伊計翼氏による著書『怪談社RECORDー黄の章ー』が2月28日に発売されるそう。怪談社シリーズの外伝、実話怪談集とのこと。ぜひお買い求めのほど!!

4時間の長丁場でしたが、終わってみればあっという間! ご来場くださった皆様、全面協力してくださった怪談社、情報拡散にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!

●田辺青蛙プロデュース「大阪てのひら怪談 参」 関連イベントに参加しています!
詳細は後日お知らせいたします!
【参加型イベント! 大阪・大怪談会】
日時:2018年2月11日(日)17:00~19:00
入場料:1,000円 
会場:SUNABA ギャラリー
http://sunabagallery.com/upcoming/20180210_ghost/ghost.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる