「ひら怪×怪談社」レポート その1

1月21日(日)枚方公園青少年センターにて開催しました新年第1弾の企画「ひら怪×怪談社」のレポートです!
今回は2回に渡ってお伝え致します。

ポスター

怪談ファンに大人気の「怪談社」が全面協力してくださり、東京から糸柳寿昭、上間月貴両氏が枚方に足を運んでくださいました。
遠方からお越しのファンの皆様、チラシを見たという枚方市民、小学生の子供さんから人生の先輩諸氏まで、60人で怪談を楽しみました。

怪談社挨拶


怖かっこいいオープニング映像と共にスタートした、第1部参加型怪談会。
語り手希望の方や、スタッフがお願いした方々、計12名が怖い話をご披露くださいました。

① 10年前友人の女の子が琵琶湖に釣りに行ったところ、車のフロントガラスに……。(Jさん)
② 30年越しの友人が入院。見舞いに行けずにいたところ、職場で……。(Pさん)
③ ユウコさんの話。FAXから8年後、メールで……。「腑に落ちない」出来事。(Mさん)
④ 昔ラブホで、彼氏がシャワーを浴びている隙に部屋の床から……。(Cさん)
⑤ カサイさんの話。ドライブ中、汚水処理漕の蓋の上に……。(Sさん)
⑥ 今の夫と恋愛中だった頃、電話で「後ろにいる男と代われ」といわれ……。(Mさん)
⑦ 教室の向きが、他の部屋と逆。その理由は……。(Nさん)
⑧ 湖でボート遊びをしていて、水中に入ってみたら……。(サークルメンバーN)
⑨ 職場の女性が、若い頃免許を取ってすぐ廃病院にドライブに……。(Mさん)
⑩ 友人の兄が5人で廃病院に肝試しに行ったところ……(Sさん)
⑪ 妹さんが妊娠していたとき、一緒に歩いていると……。(Iさん)
⑫ 市松人形「さくらちゃん」を怪談社に預かってもらうことになった理由。(Mさん)

さくらちゃん


語り手によって、語り口も話もまったく違う、まさに十人十色の怪談話が楽しめました。
ホラー作家の朱雀門出さん、最東対地さん、ミステリ作家の光原百合さん、ご協力いただきありがとうございました!
ナマで語りを聞き、大勢の怪談好きな方々と一緒に楽しむ――怪談会の醍醐味ですね!

今回は11人のお客様が語ってくださり、ひら怪メンバーは1名が語っただけでした。
これも今までのひら怪主催の怪談会の中で、快挙でした!
語りたくてうずうずしていたメンバーは、2月11日スナバギャラリーで爆語りしよう!!

●田辺青蛙プロデュース「大阪てのひら怪談 参」 関連イベントに参加しています!
詳細は後日お知らせいたします!
【参加型イベント! 大阪・大怪談会】
日時:2018年2月11日(日)17:00~19:00
入場料:1,000円 
会場:SUNABA ギャラリー
http://sunabagallery.com/upcoming/20180210_ghost/ghost.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる