FC2ブログ

自主勉強会&11月例会レポ <後編>

前回の例会と自主勉強会の超大作レポート、後編です!
12月例会にもつながるレポートです。
お楽しみください!

11月1

後半は月例会で「予告編で見るホラー映画」を取り上げました。
ひら怪内部でも意外とホラー映画が見られていないことから、Aさんより20世紀編と21世紀編に分けて紹介がありました。
20世紀編はメジャーなものを中心に是非とも押さえておきたいホラーを紹介しました。「エクソシスト」「悪魔のいけにえ」「オーメン」「サスペリア」「インフェルノ」「ファンタズム」「死霊のはらわた」「フェノミナ」「エルム街の悪夢」「悪魔の毒々モンスター」「パラダイム」「ヘルレイザー」「マウスオブマッドネス」の13本です。
エクソシストを皮切りに「オカルト映画ブーム」がありましたが、それと並行してユニークで面白い作品が数多く作られるようになりました。ダリオ・アルジェント、ジョン・カーペンター、トビー・フーパー、ドン・コスカレリ、ウェス・クレイブンなどホラー愛に満ちた監督がいっぱい生まれ、その個性は世紀を超えても尚、色褪せません。
21世紀編は20世紀ほどメジャーな作品は余りありませんが、個性的な作品を中心に紹介しています。「ぼっけえきょうてえ」「ミスト」「レック」「グレイブ・エンカウンターズ 1,2」「グリーン・インフェルノ」「グッドナイト・マミー」「スナッチャーズ・フィーバー喰われた街」「イット・フォローズ」「ギフト」「ボーイ 人形屋敷の秘密」「コクソン」「残穢」の13本です。
21世紀にはPOV、ポイント・オブ・ビューといったカメラの撮影者や監視カメラなどの視点を通して物語が進む形式が流行り、モキュメンタリーといった疑似ドキュメンタリーでもこうした手法が使われてリアリティーを上げるのに役立っています。同時に低予算で映画を撮れる技術も発達してきたことから、才能のある若い監督たちが次々と面白い作品を発表しています。アイデアも秀逸で、何でもないところから怖さを生み出す手法は大いに学びたいところでした。
おかげさまで22名の方にお集まりいただき、会の終了には「ホラー映画が見たくなった」という有難いお声もいくつか頂戴いたしました。

11月2

今回紹介した映画の中にはあの有名作品が入っていないじゃないか、と思われるかもしれません。
ご安心ください。次回の月例会は「予告編で見るホラー映画」第二弾です。新たなプレゼンターによる異なる切り口で語られるホラー映画の数々。
というわけで、次回月例会は12月17日(日)午後1~3時に「年忘れ怪談会」を開催。参加型の怪談会でたっぷり実話怪談を聞くことが出来ます。3~5時は月例会「予告編で観るホラー映画2」です。どちらも枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター第4集会室、誰でも参加可、予約不要、無料です!
ぜひお越しください。お待ちしております。
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment