10月月例会レポート

10月2


去る10月19日午後3時からの月例会の前に、午後1時から有志でゲーム大会をしました。
田辺青蛙さんがTwitterで呟いておられたのを見て、ひら怪のN氏が早速購入したカードゲーム「万怪談」。みんな初めてでしたが、7名+見学者で大いに盛り上がりました。
これはぜひ新年会でやろう! とN氏を中心に企画中です。
興味のある方は1月21日(日)の新年会にぜひ足をお運びください! 

10月1


3時になり、月例会本番。
まずはKさんを中心に「怪談の著作権」について話し合いました。

Kさんが問題提起。
「怪談は誰のもの?」
1.体験者、ネタ元
2.1から話を聞いた人
3.1や2から話を聞き、文章にした人(作家)、人前で語った人(怪談師)

「誰がネタ元かわからないまでに広がることが理想」というKさん。皿屋敷や民話、昔話のように、誰もが知っていて誰もが語る怪談ってありますよね。
でもひとつの話がそうなるまで(人々の間に浸透し認められるまで)には長い時間がかかります。
その前に「権利を主張する人」が出てきます。
それは私のネタだ(勝手に使うな)! という話になります。
怪談を書いたり語ったりすることで、金銭のやりとりが発生する場合に問題になることが多いです。
 
怪談をみんなで楽しむためには、情報(怪談)を提供する人、それを利用する(文章化したり人前で語ったりする)人の双方が納得することが大切です。
怪談会や取材の際に録音、録画をするときには、必ず事前に許可を取りましょう。
――ということを月例会参加者で確認しました。

そして今後はひら怪メンバーが怪談を語る際に、話を録音して記録として残しておこうということになりました。

※一般参加の方の語りは、録音してもいいか事前に確認し、そのデータは記録として管理する。

10月3


10分の休憩を挟んで、後半は「あなたの『怖い』のツボはな~に?」。
企画者のKさんから、ある地域の葬列にまつわる言い伝えが語られ、みんなで「この話はなぜ怖いのか」を掘り下げていきました。

・他人事だと思っていたのに、自分が当事者になってしまった恐怖
・「これまではこうだった」という法則が崩れる怖さ
・見かたを変えると、災厄を知らせてくれているとも受け取れる
・「見える」「聞こえる」というのはやはり怖い
・この伝承が生まれたきっかけがあるはず。どんな出来事だったのか?

――などの意見が出ました。一つの怪談について語り合うことで、話がより深まったり広がったりするのは面白いですね。

ほかにも参加者から
・火葬場で仕事をしていた人の話
・能や昔話の怪談
・K2(エベレスト)での怪
・「近々死ぬ人がわかる」
などの話が出、それぞれにみんなで感想や意見を出し合いました。

普段怪談を聞いたり本を読んだりしても、ひとりで「へえ~」「怖かった~」と思うだけで終わってしまいますが、こうしてみんなで掘り下げてみるのも楽しいですね!
案内役のKさん、面白い企画をありがとうございました。お疲れ様でした!

11月の例会は11/19(日)です!
お気軽におこしくださいませ!
http://hirakatakwaidan.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる