「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」レポ

先日行われた東雅夫×田辺青蛙対談ライブ「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」、
多数のお客様にご来場いただきました!!
遠くは九州・広島・富山からお越しくださった方も!
本当にありがとうございました。

第一部の朗読は東雅夫さんからスタートでした。
読んでもぞっとする川端康成「心中」を、東さんが熱演されました。
怪談界でも評判の美声が迫力満点すぎて、聞いているだけで身動きできないような気持ちになりました。
続いて朗読グループ「さつき」船瀬さん・石原さん、ひらかた怪談サークル三輪チサ、朗読劇団「言葉座」山口さんが、
第一回大阪てのひら怪談から「おおさかの壁」「遊ぼ」「トライアゲイン」「渡し船」を披露。
朗読サークルの方々はてのひら怪談というジャンルがあることを初めて知ったそうです。
「怖いのはちょっと苦手です」とおっしゃられていましたが、
ただ怖いだけではない作品がとても魅力的だったそうです。
最後は朗読劇団「言葉座」の斎藤誠さんが勝山海百合さんの「軍馬の帰還」を情感たっぷりに演じられました。
思わず涙がこみ上げてくるほど素晴らしかったです。

第二部はお待ちかねの東雅夫さんと田辺青蛙さんのスペシャルトークです。
メインテーマの「怪談を書く」では普段ではなかなか聞けないコツをお話いただきました。
取材した体験談を完全に再現することは難しく、書き手は話を整理することと表現を工夫することが必要だそうです。
「読者にどう受け止められるか」という客観性を意識することがポイントなのかもしれません。
普段からアンテナを張り巡らせておき素材を見つけ、それを膨らませていくことも大切だということです。
お二人からは「自分で自分の作品を添削するスキルが大事」というお言葉をいただきました。
その他怪談を書くコツをたくさん聞くことができ、とても有意義な時間を過ごすことができたと思います。
怪談を書くコツをたくさん聞けたので第二回大阪てのひら怪談への意欲が高まったという感想をいただきました!
ちなみに東さんがTwitterで宣言されていた竹の棒はトークで登場していたことをご報告いたします(笑)
第二部の最後には立候補されたお客様から怪談を披露してもらうコーナーもあり、
内容盛りだくさんの対談ライブとなりました。

ご出演いただきました東雅夫さん、田辺青蛙さん、朗読グループ「さつき」の船瀬孝子さん・石原紀子さん、朗読劇団「言葉座」齋藤誠さん・山口順子さん、本当にありがとうございました。
ひらかた怪談サークルメンバーもお疲れ様でした。
そしてひら怪メンバーは打上げでも怪談話を語り、二次会でもまた怪談を語っておりました。

「大阪てのひら怪談」締切は11/30(水)23:59です!
今回の対談ライブでチャレンジしてみたくなった方、まだ間に合いますよ!!

http://osakakwaidan.hatenablog.com/entry/2016/09/29/152723
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ペンを持っていくのを忘れたので、アンケートに回答できなかったのが心残りですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる