「夜の神社で怪談会」レポート

20160910.jpg

去る9月10日(日)、枚方の意賀美神社にて「夜の神社で怪談会」を開催しました。
延べ30人ほどの多国籍な方々(関西外大の方と一緒に来てくださっていたよう)が参加してくださり、飛び入りスピーカーも次々ご登壇くださって、とても怖楽しい会となりました。

当日は境内で音楽イベント「エ~音(ネ)! くらわんか」が開催されていました。
朝11時にスタッフ全員でお祓いを受け、12時からイベントがスタート。ステージには個性豊かなバンドが次々登場。テントでは和菓子、たこせん、多国籍スイーツ、フルーツ、お茶などが販売され、いつもお客様でいっぱい。手作りアクセサリーや石鹸、染め物Tシャツなどの物販も人気を集めていました。

中でも子供たちに大人気だったのが、4時から開催されたお化け屋敷!
会場の参集殿の入り口が、子供たちの靴で埋め尽くされる大好評。廊下に響き渡る悲鳴と鳴き声にそそられ、ひら怪メンバーたちも行って「怖かった~(TT)」「よう考えられてるわ~ (((;'Д' ))) 」と恐怖に打ち震えて帰ってきました。

201609103.jpg

6時からいよいよ怪談会がスタート。窓の外は夕闇の鎮守の森、暗い部屋の中で青行灯が話者を照らす……。雰囲気抜群の会場に、小学生から人生のベテラン、親子連れにカップルと、多彩な顔ぶれのお客様がご参加くださいました。

間に各十分の休憩を挟み、第一部、第二部、第三部と進行。徐々に場が温まり……もとい、冷え冷えとしてくると、「僕も語りたい」「私も怖い話がある」と飛び入りスピーカーが次々登場。体験談をご披露くださいました。これが超怖かった!! あるんや、そんなこと……と鳥肌がぞわぞわ。

中でも小4の男の子が「僕も話したい!! でも七時で帰らないといけない」といってくれたので、私が代弁させてもらうことに(責任重大)。「友達の友達の家で起きた怪異」を聞かせてもらい、ご本人が退出した第2部で代わりにご紹介しました。男の子の気持ちにみんなが感激、あの夜一番の大きな拍手を受けました。
「お披露目会」の小5の勇者といい今回といい、子供さんが語ってくれるのは本当に嬉しいことです!

3時間で全17話が語られ、うち7話が飛び入りスピーカーによるお話でした。素晴らしい!! 人の体験談を聞いていると、自分も話したくなるのが人の常ですよね。

話者のお一人が、
「こんなことを話しても、変な奴やと笑われるのがオチやから、今まで誰にもいわんかった。でもここでなら聞いてもらえる、わかってもらえると思った」
とおっしゃったのが印象的でした。うんうん、わかります、そのキモチ。怪談好きの誰もが、その悔しい思いを経験しているのです。
そういう方が、まだまだたくさんいらっしゃると思います。「ひら怪」の活動を多くの人に知ってもらって、繋がっていけるといいですね。
これからもみんなで楽しみながら、人知れず埋もれている怪談を掘り起こしていきましょう!

最後になりましたが、イベントに誘ってくださった「エ~音! くらわんか」開催実行委員長小川様、快く部屋を貸してくださった意賀美神社宮司正田様に心より御礼申し上げます。
ご参加くださった皆様、告知拡散にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

怒涛の夏が終わりましたね……。
さて、次は何しましょ?

      (三輪筆)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる