スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひらかた怪談サークルお披露目怪談会」無事終了!

ohirome2.jpg

当日の枚方市は最高気温33度という暑い中、たくさんの怪談好きのみなさんが「お披露目怪談会」に来てくださいました。
本当にありがとうございました。
延べ人数は50名を超えるという大盛況ぶりに、メンバーはドキドキしっぱなしでした。
生涯学習センターの文化祭ということもあり、チラシやポスターを見た小学生がたくさん来てくれたのは嬉しかったです。
「怖いから中には入られへん、でも聞きたいねん!」
受付のドアの隙間に耳をつけて必死に聞き耳を立てている男の子の姿もありました。
照明を落とした部屋の中で聞く初めての怪談会は、きっと子供たちの夏の思い出として心の中に残ったことでしょう。
そして伏見枚方市長もいらしてくださいました。
「このへん(首筋)が寒くなるようなお話でしたねぇ」
とお帰りの際に言ってらしたのが印象的でした。

行灯の青い灯りと話者を照らすライトだけでの薄暗い会場は雰囲気満点でした。
「子供が多いので」と小学生男子が好きそうな怪談を急遽選んで話してくれたメンバーさんから始まり、
「カメがいなくなった話」「狐とお守りの話」「亡くなった義母に起こされた話」など順々にメンバーが怪談を披露。
司会のますとさんの絶妙なコメントが場を盛り上げてくれました。
サークルメンバー以外にお客様の中からお話ししてくれる人を募集したところ、多数のお客様が怪談を披露してくれました。
怪談会ではおなじみのあの方からかわいい小学生まで、次々と怪談話が飛び出しました。
特に小5のHくんの語りは大人顔負けのクオリティで、アンケートにも「良かった!」とコメントをいただいています。
怖いお話が大好きなHくん。
もっともっと怪談を好きになってくださいね!

今回のお披露目怪談会は「怪談が好きや!」という純粋な気持ちがたくさん詰まったイベントになったのではないかと思っています。
撮影をお願いしたカメラマンのSさん(怖い話は苦手)が、
「怖いのが怪談だと思っていた。でも温かい気持ちになったりするのもあるんだと怪談に対するイメージが変わった」
と言っていたのが心に残っています。
枚方のみなさんにも同じように感じていただけるよう、みんなで「怪談を楽しもう、集めよう、広げよう」!

まきの生涯学習市民センターのスタッフのみなさま、本当にお世話になりました。
また、Twitterのリツイート等でご支援いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。
一部会場にたどり着けなかった方もいらしたようですので、その点は次回への課題とさせていただきます。

追伸
打ち上げ会場では、想像通りガチの怪談会になってしまいました(笑)
カメラマンさんの金縛り体験や「赤い三輪車」「事故物件」の話題で大盛り上がりでした。
みんな怪談好きなんやなぁ〜。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。