大阪てのひら怪談 結果発表

先日行われました「大阪てのひら怪談」の受賞作が発表になりました。
我がひらかた怪談サークルもメンバー総出で応募していたのですが、
なんと剣先あおりさんが佳作入賞となりました!
おめでとうございます!!
丼を食べるのがちょっと怖くなるような、想像が膨らむ作品です。
「うにたま丼」
http://osakakwaidan.hatenablog.com/entry/2017/02/14/150448

今回は1次選考での採点表も発表されています。
その中には我がひら怪が誇る名司会者、葛本益人さんの名前も!
惜しくも入賞は逃しましたが5点という高得点を取られています。
リストにはひら怪イベントには毎回のように来てくださる方々のお名前もありました。
「応募作の採点表」
http://osakakwaidan.hatenablog.com/entry/2017/02/14/225239

ギャラリーの投票箱に投票された作品の中から選ばれるSUNABAギャラリー賞も決定しています。
ありがたいことに「ひらかた怪談サークルの怪談」と投票してくれた方がいらっしゃいます!
人生初生怪談をお楽しみいただけたようで光栄です!
これを励みに怖い話の蒐集と話術向上に努めていきたいと思います!
本当にありがとうございました。
SUNABAギャラリー賞決定!
http://osakakwaidan.hatenablog.com/entry/2017/02/18/153046

大阪てのひら怪談の投稿作品にはイメージイラストが描かれています。
あの怪談専門誌「幽」の表紙を飾られた山下昇平画伯の1点モノとなっています!
第一回大阪てのひら怪談のイラストは通販も可能です。
(第二回分は準備中な模様)
気に入ったイラストがありましたら是非ご購入くださいませ。
大阪てのひら怪談イラスト販売所
https://osaka2kwaida.thebase.in/

次回例会は3/19(日)15:00~ですが、14:00から応募自作の合評会をすることになりました!
入賞を逃したメンバーの作品を読むチャンスです。
メンバー以外の方もお気軽にご参加ください。
「とにかく読んで欲しい」「とにかくほかの方の作品を読んでみたい」という方も大歓迎です!

【3月例会】
日時:2017年3月19日(日)15:00~17:00
会場:枚方市サンプラザ生涯学習市民センター和室1
テーマ:「怪を見る」
     妙なものが映っている写真、画像、動画などを持ち寄ります。
     写真にまつわる怪談、その種の本やDVD情報などもシェアしましょう!
※14:00~「ガッピョ~!!会」を行います。
 「大阪てのひら怪談」への応募作品を合評したり読んだりします。
 メンバー以外の方も大歓迎ですので、応募作品をプリントアウトしてご持参ください。
 読み専門(批評なし)、聞き専門(聞きたいだけ)でもOKです。
スポンサーサイト

枚方経済新聞に記事が掲載されました!

11/13(日)の「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」について、枚方経済新聞でとりあげていただきました!
なんと集合写真には田辺青蛙さんと初めて例会に来てくださった方も。
ぜひぜひ東さんと田辺さんの「軽妙洒脱(しゃだつ)な『妖しい』トーク」を聞きにいらしてください。

枚方で文芸評論家・東雅夫さんとホラー作家・田辺青蛙さん対談 「800字怪談」の魅力語る:枚方経済新聞
http://hirakata.keizai.biz/headline/205/

東雅夫×田辺青蛙対談ライブ 「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」
【日時】 2016年11月13日(日)14:00~16:00
【場所】 枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター 視聴覚室
     (枚方市岡東町12-3-508 サンプラザ3号館5階)
【最寄駅】 京阪本線「枚方市駅」 東改札口すぐ(特急が停まります!)
       京阪バス「枚方市駅北口」「枚方市駅南口」バス停より徒歩3分
        ※駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください
【料金】一般2000円 枚方市民半額(要証明) 高校生以下無料
【予約方法】 ①お名前(代表者名) ②参加人数 ③連絡先(メアド等)を記載の上、下記までお申し込みください。
            hirakata_kwaidan@yahoo.co.jp
        ※申し込み多数の場合はご予約を受付できない場合がございますことをご了承ください

「大阪てのひら怪談」を応援します!

「国籍も年齢も性別も経験も全く関係なく、ただ大阪に関係していて怖くて面白い話を800字で表現する」
とてもシンプルな方針の「大阪てのひら怪談」の公募がスタートしました!
前回は海外からの応募もあったようです。
詳細は公式ブログ(大阪てのひら怪談)にてご確認ください。
怪談好きが集まるひらかた怪談サークルも、第二回「大阪てのひら怪談」を応援いたします!

まずは10/16(日)13:00~の例会に、ホラー作家で大阪てのひら怪談主催者である田辺青蛙さんがお越しくださいます!
「800字怪談の魅力~大阪てのひら怪談~」を約1時間に渡ってお話いただきます。
ご予約は不要ですが、会場の関係もありますのでご連絡いただけると助かります。
(詳細はコチラ

そして11/13(日)には対談会が決定!
「怪を 『書く・読む・語る』 800字怪談の世界」と題しまして、
文芸評論家・アンソロジストで怪談雑誌「幽」の編集顧問東雅夫さんとホラー作家の田辺青蛙さんがお話くださいます。
てのひら怪談に応募しようかどうか迷っている方。
怪談を書いてみたいけど書き方がわからない方。
「800字で怪談なんて書けるの?」と疑問に思う方。
もっと上手く怪談を書いてみたい方。
どうぞ枚方までいらしてください!
楽しい時間と共に、色々なヒントが見つかるはずです!
 ■開催日時:2016年11月13日(日)14:00~16:00
 ■会場:枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター 視聴覚室
 ■料金:一般2000円 枚方市民半額(要証明) 高校生以下無料
  ※要予約です。予約方法につきましては後日お知らせいたします。

図書館センターだよりにお披露目怪談会が掲載されました!

「牧野生涯学習市民センター・図書館センターだより7月号」に、
6/18(土)の「ひらかた怪談サークルお披露目怪談会」の様子が紹介されています。
センタースタッフの方が「ちょっと怖いなぁ」と言いながら撮影してくれた画像も載っています。
ぜひご覧ください!

http://hirakata-sg.jp/makino/news/

怪談専門誌「幽」25号にて紹介されました!

dXW0VxXv.jpg

怪談好きにはもうお馴染みのあの怪談専門誌「幽」にてひらかた怪談サークルをご紹介いただきました!
「怪談山海評判記」という、日本各地で活動されている怪談関係の方や団体を紹介するコーナーです。
ひら怪発足の経緯や活動内容などを三輪チサさんが親しみやすく、かつ熱く語っています。
高崎怪談会さんと見開きだったので、地方の激アツなパワーが伝わってきました。
メンバーさんが描いてくれた、ひら怪のロゴとイラストも掲載されています。
お馴染みのイラストが雑誌に載っているのは、なんだかこそばゆい気持ちにもなりますね。
ひら怪について興味を持ってくれる方が増えますように……。

今回の「幽」の特集は「人形/ヒトガタ」でした。
表紙は赤い着物の可愛らしいけど妖しいお人形さん。
リアルな創作人形からオシラサマまでの幅広い特集記事を読み終えると、
家にある人形の見方が少しだけ変わってしまいそうです。
漫画家山岸涼子さんのロングインタビューもオススメですよ!
本当に、どうしてこんなに人形は妖しくて怖くて愛くるしいのでしょうね。
読み終わるのが勿体なくなるぐらいの豪華すぎる連載にも肝を冷やしました。
この猛暑は怪談で乗り切るしかないですよね。
ぜひぜひ本屋さんやネットでお買い求めくださいませ。
「幽」25号は絶賛発売中です('ω')ノ


■次回ひら怪例会は下記の予定です。
枚方市民のみなさんはもちろん、市外からの参加も大歓迎です!
見学もお待ちしております。
・日時:7月17日(日)13:00〜15:00
・場所:牧野生涯学習市民センター 第4会議室
    (最寄駅 京阪牧野駅)
    http://www.city.hirakata.osaka.jp/soshiki/s-makino/makino-jyunro.html
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる