FC2ブログ

レポ・魔女と映画の映画リスト

  • 2019/04/07(日) 18:10:47

サスペリア
* 魔女三部作の第一作目にして現代ホラーの金字塔の一つ
* 嘆きの母エレナ・マルコスが支配するバレエ学院での惨劇
* 色彩と執拗なカメラワーク、ゴブリンの音楽による狂気と混沌の坩堝。
* 脚本に参加したダリア・ニコロディの祖母の体験や魔術的知識がベースにある。

インフェルノ
* 錬金術師バレリが建てたニューヨークの魔術的館が舞台
* 基本はサスペリアの魔女感を踏襲。映画の内容もほぼ同じ。
* 暗闇の母が出てくる
* ただし、この映画では死神的扱いともなる

サスペリア・テルザ
* 魔女三部作の最終話
* ローマを舞台とし、涙の母が登場
* 世界中から魔女が集まる描写あり。
* 魔女的世界観は薄い。そして魔女がしょぼい。

ブレアウィッチプロジェクト
*バーキッツビルでおきた架空の魔女伝説をテーマにしている。
*架空の都市伝説をネットで広める当時としては斬新な手法。
*実際に魔女は姿を現さないが、現象の積み重ねで見せる。
*木で組み合わせた「スティックメン」が印象的。
*全体的にアニミズム的なアプローチで魔女の存在を匂わせている。

ロード・オブ・セーラム
* セイラム魔女裁判に題材を取った映画
* セイラム魔女裁判の判事の子孫ということが言われているだけで、別に関連付けなくてもいい印象。
* 魔女の集会シーンがあるにはある。
* ホラーというよりドラッグムービー。サイケな作り

クルーシブル
*アーサーミラーの戯曲「るつぼ」が題材。
*セイラム魔女裁判そのものの話。登場人物も実名。
*如何に魔女が作られ、魔女裁判が行われたかが丁寧に描写されている。
*ホラーではないが、何も悪くない人がある日突然理不尽な理由で魔女にされる描写が恐ろしく、秀逸。

ウィッチ
* 17世紀のニューイングランド州が舞台。
* 敬虔なキリスト教徒一家の話で赤ちゃんの失踪をきっかけに長女が魔女ではないかと疑われるようになる。
* 魔女と宗教(キリスト教)の関わり方が丁寧に描かれている。

魔女の家の夢
* マスターズ・オブ・ホラーの中の一作。スチュアート・ゴードン監督。
* 原作はラブクラフト。舞台となるアーカムはセイラムがモデル。
* 魔女と狂気の親和性

ジェーンドウの解剖
* 魔女とされる死体を巡る話
* 魔女と怨念
* 何ゆえの魔女か

サスペリア
* バレエ学院からコンテンポラリーダンスへ
* エレナ・マルコスとその対立軸の存在
* 社会性を持った魔女
* オリジナルからのコペルニクス的転回。
* 魔女解釈の違い

スポンサーサイト

レポ・新春怪談ゲーム大会【1月定例会】

  • 2019/02/12(火) 12:18:39

去る1月20日(日)、枚方市立サンプラザ生涯学習市民センターにて、今年最初のひら怪月例会を開催しました。
テーマは「新春怪談ゲーム大会」! 「万怪談」というカードゲームで遊びました。
実はこの日、メンバーだけで1時間前に集まり、ほかのゲームも予習してみたのでした。
が、「ハコオンナ」は説明書に苦戦^^;
 これは体験者に加わってもらわないとムリということで次回に持ち越し。
「うしみつ」は時間があればやろうということに。
3

さらに、この日のために「万怪談」作者の土屋さんが非売品の特殊カードやポストカードを送ってくださり、メンバー一同感謝感激したのでした。
いざ月例会開催、カードが配られると、みんな真剣に怪談を作り始めます。
2


お題は偶然にも特殊カード「太郎」が引かれました。
むむむ、これは難しいぞ。
ばっちり主題にするのか、ちらりと織り込むのか?! 思案のしどころです。
10分のシンキングタイムの後、親から順に発表。
全員が終わったところで、「一番怖かったのは……お前だ!」の決まり台詞で指さし合います。
第1ラウンドの勝者は主婦のMさん。(Mさんの作品はブログの最後に掲載しています。ぜひ読んでみてください)
ここまでで、すでに1時間が経過……。みんな、第2ラウンドやる気マンマン。
10分休憩の間、土屋さんが送ってくださった白紙カードに、各自一文を書き入れてみました。
1

次は、このオリジナルカードも入れてみます。
「こんなん、どないして使えっちゅーねん(悩)」
「ええー、ベタすぎて使いにくい(泣) 」
プロのホラー作家さんたちも参加してくださっての大乱戦、制したのはまたもMさんでした!
賞品を用意してくれたメンバーが授与、謙虚ながらも嬉しそうなMさん。
「ゲーム大会、次はいつやる?」
「定期的にやってもええんとちゃう?」
という声も出る中、参加者全員にお土産のポストカードを配り、解散となりました。

2月の例会は2月17日(日)1時半~4時半、枚方市立牧野生涯学習市民センター第4集会室(京阪「牧野」駅より徒歩10分)にて開催します。
テーマは「オカルトQ」! 企画者テリーさんが渾身のクイズを準備してくれています。乞うご期待!
誰でも参加可、予約不要、無料です。

万怪談優勝作品 「ホワイトデー」

私がまだ高校生の頃、国語のO先生が授業の合間に聞かせてくれた話です。
O先生が学生時代に担当教授の人が、すごく女学生に人気がある人で、仲間の女の子達ががバンレタインデーで先生にチョコレートを上げる話をしていたんですね。
O先生は、先生の奥さんに対してちょっと失礼だと思って、渡さなかったんですね。
それで皆送った後に、ホワイトデーの時に先生からお返しのチョコレートを貰った。
妻帯者なので、奥さんが選んでいるという事でしょうが、皆それぞれ貰ったものを家で蓋を開けようとしたら、箱の中からグイっとひ
っぱり返されたのだそうです。
「え?チョコレートなのに何故?」と思って、無理から蓋を開けたら黒い煙が立ち上り巨大な形の顔になった、って皆は言ってました。
しまいには、顔の形が変わり真っ赤な口が耳まで裂けて額には牛のような角があった。
般若のような顔だったそうです。
Oさんは、あっ私が先生にチョコレートを上げなかったから、こんな目に合わなくてすんだと思ったそうです。
数年後O先生の担当の教授の奥さんが無くなって、再婚は当のOさんだったのですが亡くなった奥さんが今でも行く先々何処へでもついてくるそうです。

新年のご挨拶・1月の定例会のお知らせ「新春怪談ゲーム大会」

  • 2019/01/07(月) 23:09:40

明けましておめでとうございます。
本年もまったり、ゾクゾク怪談を楽しみましょう~!
みなさまもいいお正月を過ごせましたでしょうか?
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月の定例会のお知らせ

1月のひらかた怪談サークルの定例会は「新春怪談ゲーム大会」を行います。
「万怪談」「∞怪談」や「うしみつ」で遊びます。

Dv3rqk6UUAEQyAT.jpg
※イラストは『万怪談(よろずかいだん)』作者の土屋邦彦さん
http://http://100monogatari.net/ 提供

日時 1月20日 14時~16時30分
場所 枚方市立サンプラザ生涯学習市民センター和室1

入場無料・途中退室や飲食は自由です。
なお、参加者多数の場合は「見る専」ターンがあるかもしれません。ご了承ください。

ひらかた怪談サークル 怪談を楽しもう、集めよう、広げよう! 枚方で怪談を盛り上げよう! 枚方を怪談で盛り上げよう!

  • 2018/12/01(土) 10:24:17

 ひらかた怪談サークルでは、常時メンバーを募集しています。
 一緒に怪談を楽しみましょう。

怪談を楽しもう、集めよう、広げよう!
枚方で怪談を盛り上げよう、枚方を怪談で盛り上げよう!
枚方の怪談を百話集めて冊子を作ろう!

☆怪談好き・おばけ好きなら誰でも参加できるサークルです。(枚方市内、市外を問いません)
☆基本、毎月第3日曜日に、枚方市内の生涯学習市民センターで例会を開いています。
    毎回来られなくてもOK。マイペースでご参加ください。途中入退室、飲食自由。
☆全員ペンネームで参加(本名も可)。住所や電話番号等不要。オフ会のような参加形態です。
    月例会等のお知らせはツイッターやブログ、Facebookを御覧ください。
    メールでの連絡をご希望の方はhirakata_kwaidan@yahoo.co.jpへお知らせください。
☆年会費2,000円   

見学大歓迎(無料)!!一度遊びに来てください。お待ちしています!

Mail: hirakata_kwaidan@yahoo.co.jp
Twitter:‏@KwaidanHirakata
Facebook: ひらかた怪談サークル
      Blog: http://hirakatakwaidan.blog.fc2.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


《ひら怪ルール》
~多くの人に安心して怪談を楽しんでもらうために~


その1.イベントやSNS、個人的活動に強制勧誘しない(お知らせ、宣伝などは可)

その2.宗教・霊感商法等、政治・ネットワークビジネス等への勧誘厳禁

その3.みんなの迷惑になるような非常識な行動・言動をしない
人の嫌がることをいわない
人の好き嫌いを会に持ち込まない
会の中で悪口をいわない
個人間のトラブルに巻き込まない

その4.ルールを守れない方は、場合により出入り禁止、退会していただきます


※ひら怪では個人的に勧誘することは一切しておりません。
一般参加の方で何かお気づきのことがありましたら、メンバーか三輪までお知らせください。

  • 2018/10/22(月) 12:23:09

ひらかた怪談サークル、10月の定例会は高砂怪談ということでサークル員全員で高砂に遠征しました。
その際、せっかくだから観光もしようということになり、「鹿島神社」「生石神社(おうしこじんじゃ)」「高砂神社」の三か所に足を運びました。

「鹿嶋神社」

一願成就の神様が祀られているということで名高い神社。
受験シーズンになると合格祈願でにぎわうそうですが、特に人目を引くのがチタン製の鳥居です。
なんと1,800年は余裕で立ち続けるとか。
「これ、ぜったい有事の際はロボットになるに違いない」
とメンバーの意見が一致しました。
そして、参道には柏餅のお店が軒を連ねており、どうやら名物のよう。
大理石の狛犬にご挨拶をして、本日の会の成功を祈りました。

9CxSit8N.jpg


「生石神社(おうしこじんじゃ)」

生石神社(おうしこじんじゃ)は日本三奇の1つ、石乃寶殿(いしのほうでん)で有名な神社です。
左右に別れた社殿にお参りしたのち奥へ進むと、なるほど、宙に浮いているように見える巨石が鎮座していました。
伝説によると、大穴牟遅(おおあなむち)と少毘古那(すくなひこな)の二神が、国家鎮守のために石乃寶殿を建設しようとしたところ、
土着の神の反乱により、期限までに完成しなかったためそのままになってしまったとか。
つまり、造りかけのまま何千年もそのままだったんですね。
この巨石、てっぺんには木が生い茂っており、そこにあった時間の長さを感じさせていました。
なお、この巨石を上から見ることのできる小山は大正天皇も登られたそうです。

qmnW2VWQ.jpg


「高砂神社」

高砂神社は、謡曲「高砂」の舞台であり、1つの株から雌雄の松が生える珍しい「相生の松」が有名です。
現在の松は五代目だとか。
そして謡曲の舞台らしく、境内には立派な能舞台。来月は観月能が行われるそうです。
また、高砂神社は高砂城跡地でもあります。高砂城主であった本多忠政(本田忠勝第3子)が姫路城主になる際、高砂城は取り壊され、跡地が神社となりました。
さて、このように歴史ある立派な神社ですが、歴史あるだけにこわいこわーい話が伝わっていることを、怪談会で貝田さんが教えてくれたのでした。

AW4WGSCV.jpg

番外編 かつめし

高砂名物のかつめしは、ご飯の上にビフカツを載せてデミグラスソースをかけたもの。ビフカツを食べたのは初めてですが、ソースカツどんとはまた違ったおいしさがあり、あっという間にメンバーのお皿は空になったのであります。

1XHTyZ02.jpg




(文責 剣先あやめ:photo たいやき)