3月例会「幽霊画を楽しもう!」レポート

3月月例会「幽霊画を楽しもう!」のレポートです。

5F3xp7p3.jpg

2018年3月、ひらかた怪談サークルの月例会のテーマは「幽霊画」を楽しもうでした。
江戸~昭和20年代までの肉筆画と、江戸時代、明治時代の浮世絵を中心に作者の略歴や観賞ポイントを解説しました。
幽霊画は、丸山応挙・月岡芳年・河鍋暁斎・渓斎英泉・清水節堂などの作品を取り上げ、見比べることで作風の違いなどを説明しました。つたないものでしたが、幽霊画を一堂に見る機会はめったにないので、一口に幽霊画といっても、きれいではかなげなものから、恐ろしいものまで種類が豊富で、中にはユー モラスなものもあることをお分かりいただけたと思います。

mrI_37pH.jpg

また、幽霊画の描かれる理由、応挙の幽霊画が世間に与えた影響、今現在幽霊画を見ることができる場所なども、解説しました。応挙が足のない幽霊を描く前は、幽霊も普通に足のある姿であらわされていた。室町時代に発展した芸能「能」では、足のある姿で幽霊が描かれています。一方、応挙の幽霊画登場以降、歌舞伎などでも足のない幽霊が登場するようになりました。なお、幽霊画は現在、全生庵などの幽霊画が納められている寺社や美術館などで見ることができます。幽霊画・妖怪画を中心とした展示会は定期的に開かれているので、機会ありましたらぜひ足を運んでみると面白いでしょう。


iRttLLC_.jpg

休憩を挟んで、後半は浮世絵に描かれた幽霊 画を解説しました。
葛飾北斎・歌川広重・歌川国芳・河鍋暁斎などの幽霊画を取り上げました。
浮世絵は、歌舞伎や伝説などを題材にした幽霊画や妖怪画がたくさん作られています。そのため、同一テーマを扱った浮世絵も多く、それらを比べることで各浮世絵師の特徴などを解説しました。また、浮世絵の幽霊画は葛飾北斎の「百物語」などよく知られたものも多く、幽霊画に比べると親しみやすい題材であったと思います。そして、今回は歌川国芳作「木曽街道六十九次」など少し珍しい怪談を題材にした浮世絵も紹介しました。浮世絵はシャレがきいたものも多く、解説があった方がより面白く見られるものも珍しくありません。
「木曽街道六十九次」は歌川広重・渓斎英泉合作「木曽街道六十九次」のパロデ ィで、木曽街道の宿場町の名にかけた怪談や物語を描いています。浮世絵はメジャーなものとマイナーなものの差が激しく、誰もが知っている浮世絵もある一方、愛好家しか知らない名作も少なくありません。
本日のつたない解説で浮世絵に興味を持っていただければ、ぜひ博物館・美術館へ足を運んでいただき、お気に入りの1枚を見つけていただけでば幸いです。

今回は参加者の方がもってきてくださった心霊写真も堪能しました。
こういう情報を持ち寄っていただけるのも、ひら怪の醍醐味ですね^^

心霊写真

【4月例会】
日時:2018年4月15日(日)15:00~17:00
会場:枚方市サンプラザ生涯学習市民センター第3集会室
テーマ:「シークレット企画」
     大きな声では言えない、でも絶対怖楽しい特別企画です。
     なぜシークレットなのか?! ……来ればわかる!
見学は無料、ご予約も不要です。
スポンサーサイト

2月例会「怪談カードゲーム大会」レポート

2月例会「怪談カードゲーム大会」のレポートです。
通常の怪談の楽しみ方とも違ってとても新鮮な例会となりました。

ひらかた怪談サークルの怪談カードゲーム大会のレポートです。
2月の会合は、万怪談、無限怪談というカードゲームで遊びました。
このゲームは土屋邦彦先生が考案されたゲームです。
それを、田辺青蛙先生が紹介されていたのを見てNが購入して遊ぶことに
なりました。田辺先生、ありがとうございます。
Nが購入した後、Tさんが無限怪談を買ってくれたので助かりました。

218-b(1).jpg

さて、どんなゲームかと言うと、5人ぐらいで遊びます。手札を5枚配って、
、その手札に怪談の元になる短文が書かれています。それと怪談のテーマとなる
カードが一枚配られます。
集まった人数は10人ぐらいだったので二手に分かれてゲームが始まりました
キャーキャー言いながらどんどんゲームを進められました。
どんな怪談が作られたか書くのは難しいですが、箪笥の怪談が印象に残っていま
す。

218-a(1).jpg

あ、「うどん」は重要です。N以外の皆は上手く圧倒されました。
それと、向こう側のチームも物凄く盛り上がっていました。稲川淳二さんの物真
似が聴こえておりました。
Nのチームの優勝者はMさんで「うどんの話」、Tさんのチームの優勝者はKさんで
「マタギの話」です。最終優勝者はKさんで「法事の時にどこからか声をかけられても、七五三迎えていない子供は、返事してはいけない、の話」です。
盛り上がって第二次をやりたいという話がでています。

219-c(1).jpg

「大阪・大怪談会」レポート

大変遅くなりましたが、2月11日(日)開催「大阪・大怪談」の報告です。

スナバ1

田辺青蛙プロデュース「大阪てのひら怪談 参」関連イベントとして、中崎町に移転したSUNABAギャラリーにて開催されました。
3連休の真ん中に、ひら怪メンバーを含め17名で怪談を語り合いました。遠路足を運んでくださった方々もいらして、感謝の念に堪えません。本当にありがとうございました!

・「黒いポルシェ」…「大阪てのひら怪談 参」の応募作を、実体験した作者本人が語りました。
・「滝畑トンネルの怪」…大阪の有名心霊スポットに肝試しに行って…
・「怪談イベント後の打ち上げで」…ひら怪メンバー数名が見聞きした怪異
・「摂津富田の踏切」…入れない花壇の意味は…
・「江の島での怪異」…語りの後、衝撃の画像を見せていただきました!
・「緑衣の女」…電車の座席に座っていたのは…
・「金沢の珈琲店にて」…芸術の香り高い、不思議な話
・樋口オーナーが御祖父様の体験談を語ってくださいました!
・「音の怪」…近所の廃校で、深夜2時頃になると…
・「深夜のガレージ」…音の正体を確かめたいが…
・「動物病院にて」…待合室で偶然耳にした話。猫が食べていたものは…
・「予知夢」「赤い服の女」…御祖母が見た女は…
・「門真怪談」
・「火の国の女」
・「丹後半島にて」…車で初日の出を見に行ったら…
・「山小屋のトイレで」…死体発見?!
・「六甲山でドライブ中」…うっかり裏六甲道へ入ってしまい…

sunaba3.jpg


山下昇平さん、酉島伝法さん、吉村萬壱さんたちの作品に囲まれた不思議な空気感溢れる空間で、怪談17話を語り合いました。
プロ作家さんや他公募の受賞者の方、常連てのひらーさんたちが一堂に会して怪談語りを楽しんでいる光景に、こっそり感動していました。
樋口オーナーはまだまだ話をお持ちのよう。次回をお楽しみに?!
田辺さんに「大阪てのひら怪談 肆」を開催していただけるよう、応援しよう!

6月16日(土)「まきの文化祭」に参加し、怪談会を開催します。参加型怪談会ですので、ぜひぜひあなたの怪談をご披露くださいね! もちろん聞くだけ参加も大歓迎!
どなたでも参加可、無料、予約不要です。

3月例会&「『大阪てのひら怪談』応募作ガッピョー!会」

次の月例会は3月18日(日)15時~17時ですが、
13時~15時には「『大阪てのひら怪談』応募作ガッピョー!会」を行います。
「ガッピョー!会」では、先に開催された『大阪てのひら怪談 参』に応募した自作品を読み合い、感想を述べ合います。
自作品1編を1部プリントアウトしてお持ちください。
作品を持参せず聞くだけ参加も大歓迎です。
応募していない方もどうぞ!
「ガッピョー!会」のみの参加でもOKです。
15~17時の例会は「幽霊画を楽しもう!」がテーマです。
鑑賞ポイントや裏話を聞くと、さらに怖くなるかも?!


【3月例会】
日時:2018年3月18日(日)15:00~17:00
会場:楠葉生涯学習市民センター第1集会室
テーマ:「幽霊画を楽しもう!」
     幽霊画は何のために描かれた?あの有名画家も幽霊画を描いていた?幽霊画は怖いだけじゃない。
     あんな幽霊、こんな幽霊、今に伝わる幽霊画の楽しみ方、こぼれ話を解説します。
※13:00~「『大阪てのひら怪談』応募作ガッピョー!会」を行います。
 「大阪てのひら怪談」への応募作品を合評したり読んだりします。
 メンバー以外の方も大歓迎ですので、応募作品をプリントアウトしてご持参ください。
 読み専門(批評なし)、聞き専門(聞きたいだけ)でもOKです。

「大阪・大怪談会」&「2月例会」のお知らせ

今月のイベント&例会のお知らせです。

いよいよ今週末に迫ってまいりました、「参加型イベント! 大阪・大怪談会」
田辺青蛙プロデュース 掌編小説コンクール「大阪てのひら怪談 参」との連動企画です!
昨年同様、ひら怪メンバーとお客様との語りで盛り上がっていきましょう!
樋口オーナーからとっておきのお話をご披露いただけるとのことです。
語りたい方も聞きたい方も、美術家の山下昇平さん、小説家の吉村萬壱さん、小説家で画家の酉島伝法さんの作品に囲まれて怪談を楽しみましょう!
ご予約は→ http://sunabagallery.com/script/mailform/form/
お待ちしてます!!

【参加型イベント! 大阪・大怪談会】
日時:2月11日(日)17:00~19:00
出演:ひらかた怪談サークル
入場料:1,000円 
会場: SUNABA ギャラリー
    大阪府大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

****************************************************************

そして2月18日(日)はひら怪月例会。
なんと今回は「怪談カードゲーム大会」開催です!
初めての方でも楽しめる、「カードを元に怖い話を作る」ゲーム(『万怪談』『∞怪談』)を楽しみましょう。
実は10月例会前に有志で盛り上がり、ぜひまたやろうと誓っていたのでした(笑)
対象年齢は10歳~なので、小学生でも楽しめると思います!
お気軽にお越し下さいませ。

【2月例会】
日時:2018年2月18日(日)15:00~17:00
会場:枚方市立牧野生涯学習市民センター第2和室
    (京阪本線牧野駅より東へ300m)
     http://hirakata-sg.jp/makino
    ※いつもと会場がちがいます!
テーマ:「怪談カードゲーム大会」
     「カードを元に怖い話を作る」ゲーム(『万怪談』『∞怪談』)をみんなで楽しみましょう。
     もちろん初めての方でも参加大歓迎!
     禍々しい怪談からほのぼのした怪談まで、どんな怪談が出来上がるのでしょうか!
見学は無料、ご予約も不要です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる